HOME>Column>東京の結婚相談所には様々な年齢の利用者がいる

東京の結婚相談所には様々な年齢の利用者がいる

説明

若くで利用する人も入れば第二の人生のパートナー探しをする人もいる

婚活をする人の中には、一般的な結婚適齢期よりも若い人、オーバーしている人もいます。そのため東京の結婚相談所に入会している人も、幅広い年代の人が見られます。若い人の場合、両親に「早めに結婚したほうがいい」と強く言われていたり、学生のときから「学校を卒業したら真っ先に結婚したい」と希望していたりします。いずれにしろ女性に多く、中には20歳になったばかりの人もいます。反対に50代、60代で入会する人もいます。初婚ではなく、既婚経験者が多い傾向があります。離婚し、第二の人生を歩むときに、一人よりも誰かそばにいてほしいと願い、パートナーを探しています。そうした人がお互い知り合い、成婚することも珍しくありません。

ハンド

様々な年齢層と触れ合える事で自分の理想の相手に出会いやすい

誰でも結婚のイメージを持っているので、婚活をはじめたばかりの頃は、そのイメージ通りの相手を探すはずです。しかし婚活の経験を重ねるうちに、「こんな人もありかも」と自分にとって意外な人に好意を抱くこともあるでしょう。いろんな人に出会えば出会うほど、自分の中で新しい可能性が芽生えてくることもあります。東京を中心に婚活するなら、そうした自分の意外性はますます顕著になります。というのも、東京には様々な年齢層が婚活に励んでいるので、最初に描いていた理想の人とはちがった人とも出会うことができるからです。結婚相談所を利用する場合もそうです。年下が好きで年下ばかり探していたところ、アドバイザーから「年上でもいい人がいますよ」と言われることもあります。そして実際年上でいい人を見つけて、お互い惹かれて成婚することもあるでしょう。その点では、東京で婚活するのは魅力的です。自分の本当に理想とする相手に出会えるチャンスがあります。